2021/02/13

USBブートLinuxの改修(暗号化されたSquashFSの利用時)

 USBブートのLinuxの中身をアップデートしようと思い、中身を取り出したときのメモ。

dracutで作られたinitrd・initramfsからのデータ取り出し

古いinitrd・initramfsでは、lsinitrdで中のファイルを見たり、取り出したりできていた。しかし、最近のものは中身を見ることができない。

Redhat系や、Gentooは、dracutコマンドでinitrd・initramfsが作成されるのだが、dracutコマンドで作成されたものが見れないっぽい。lsinitrdコマンドは、dracutパッケージ自体が提供しているにも関わらず。

2021/01/30

ディスクイメージにパーティションを作成する

ディスクのRAWイメージの中に、パーティションを作成したい。どうするか。

ディスクイメージにGrub2をインストールする

ディレクトリをQEMUのディスクイメージに変換する作業において、ディスクイメージにブートローダーをインストールする必要があったのでやってみた。

ディレクトリをQEMU / KVM仮想ディスクイメージに変換

USBブートのUnixをディレクトリに展開して、中身をアップデートした。そのディレクトリをQEMUからブートできないものだろうか。

ということで、まずはこのディレクトリをRAWファイルに取り込む。それができれば、qemu-imgでQCOW2に変換できる。

qemu-img convert -f /dev/sdc -O qcow2 disk.qcow2