ラベル コンピュータ(ソフト) の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル コンピュータ(ソフト) の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2020/10/03

HKU\.Defaultはデフォルトユーザのものではない。

HKU\.DEFAULT(HKEY_USERS\.DEFAULT)は、あちこちで間違った認識をされている。HKU\.DEFAULT(HKEY_USERS\.DEFAULT)は、デフォルトユーザとかテンプレートユーザと呼ばれるアカウント(=今後作成されるユーザアカウントの初期設定)のものではない。

「hku .default」でGoogle検索してトップに出てくるTechNetのフォーラムページ「HKUとHKCUのレジストリ設定内容の違いについて(リンク)」でも、日本語のコメントでは「HKEY_USERS\.DEFAULT はデフォルト ユーザー プロファイル」と間違ったことが書かれている。その後に、英語で小さく書かれている「The .Default user is not the default user」が正しい。

2020/10/02

Windowsの背景色を変更する.batファイル

会社のPCの壁紙が勝手に変えられてしまい、画面が見にくい。背景は黒が良い。

いちいち設定するのがめんどくさいので、バッチファイルで変更。

2020/09/22

Windowsのファイル所有者をTrustedInstallerに戻す

Windowsのファイルの所有者をTrustedInstallerから別のユーザに置き換え、後からTrustedInstallerに戻そうとしたけど戻し方がわからないと質問を受けたので。

所有者をTrustedInstallerに戻す場合、単純に「TrustedInstaller」と入力しても、該当アカウントがないというエラーになる。

2020/09/20

WindowsのホームディレクトリをDドライブに移動させる。

使用しているPCは、ディスクが2本ある。ユーザのホームディレクトリは、通常はC:ドライブにC:\Usersとして作成される。

せっかく2本あるのだから、ユーザのホームディレクトリはD:ドライブにD:\Usersとして移動させたい。

2020/09/15

mod_rewriteの設定(URLエンコード対策)

Webサイトの記事を移転させたので、旧ページから新ページに転送させようとした。旧サイトはApacheで動いていたので、mod_rewriteで簡単!と思ったら、少しハマった。

移行先の記事につけたラベルが日本語のためURLに日本語が含まれるのだが、URLエンコードされたURLをmod_rewriteの転送先に設定しようとしたらうまく行かなかった。

2020/08/02

LVMでのRAID0

2本のディスクでLinuxを走らせているが、キャッシュ的なファイルを保存しているパーティション(mdadmを使ったRAID0で構築)を広げたくなった。
RAID1で構築しているパーティションが余っていたので、その領域を縮小させ、こちらのパーティションを拡張する。
RAID1の作業が終わったので、後はRAID0の再構築のみ。

何故か、以前作成したraid0は、mdadmで管理されたボリュームの中でlvmでraid0を作っていたが、多分勉強がてらに作ったのだろう。
今回は、LVMのみでraid0を作る。

mdadmによるRAID1の縮小とRAID1・RAID0の拡張(ファイルシステムのサイズ拡張)

2本のディスクでLinuxを走らせているが、キャッシュ的なファイルを保存しているパーティション(mdadmを使ったRAID0で構築)を広げたくなった。
RAID1で構築しているパーティションが余っていたので、その領域を縮小させ、こちらのパーティションを拡張する。
2本とも作業が終わり、RAID1への戻しも終わった。

続いて、ファイルシステムのサイズを新しいパーティションのサイズに合わせていく作業を行う。

mdadmによるRAID1の縮小とRAID1・RAID0の拡張(2本目のディスクの作業)

2本のディスクでLinuxを走らせているが、キャッシュ的なファイルを保存しているパーティション(mdadmを使ったRAID0で構築)を広げたくなった。
RAID1で構築しているパーティションが余っていたので、その領域を縮小させ、こちらのパーティションを拡張する。
1本目の作業が終わったので、RAID1からの切り離し以降の作業を2本目に対しても行う。

mdadmによるRAID1の縮小とRAID1・RAID0の拡張(アレイの復旧)

2本のディスクでLinuxを走らせているが、キャッシュ的なファイルを保存しているパーティション(mdadmを使ったRAID0で構築)を広げたくなった。 
RAID1で構築しているパーティションが余っていたので、その領域を縮小させ、こちらのパーティションを拡張する。
ここからは、アレイを復旧していく。

mdadmによるRAID1の縮小とRAID1・RAID0の拡張(fdisk実施)

2本のディスクでLinuxを走らせているが、キャッシュ的なファイルを保存しているパーティション(mdadmを使ったRAID0で構築)を広げたくなった。 RAID1で構築しているパーティションが余っていたので、その領域を縮小させ、こちらのパーティションを拡張する。

mdadmでの準備作業は終わったので、fdiskでパーティションを変更する。

mdadmによるRAID0の拡張(その前に停止)

2本のディスクでLinuxを走らせているが、キャッシュ的なファイルを保存しているパーティション(mdadmを使ったRAID0で構築)を広げたくなった。 RAID1で構築しているパーティションが余っていたので、その領域を縮小させ、こちらのパーティションを拡張する。

このRAID0に入っているデータは消してもよいので、パーティションは再作成して良い。
まずは、RAID0を停止したい。

mdadmによるRAID1の拡張

2本のディスクでLinuxを走らせているが、キャッシュ的なファイルを保存しているパーティション(mdadmを使ったRAID0で構築)を広げたくなった。
RAID1で構築しているパーティションが余っていたので、その領域を縮小させ、こちらのパーティションを拡張する。

mdadmによるRAID1の縮小

2本のディスクでLinuxを走らせているが、キャッシュ的なファイルを保存しているパーティション(mdadmを使ったRAID0で構築)を広げたくなった。
RAID1で構築しているパーティションが余っていたので、その領域を縮小させる。

2020/07/13

ChromeのDNS-over-HTTPSを無効化する

Chrome 83から標準で有効化されたDNS-over-HTTPSを無効化する。
DNS名前解決がHTTPSで行われるようになると、Parental controlなどで子どもにアクセスさせたくないページのコントロールをDNSで行っている場合に素通りになってしまう。

2020/06/25

MovableTypeからBloggerへ(その2)

先日、MovableTypeからBloggerに移行する記事を書いたが、その中でいくつか問題を発見したので、変換ツールのコードを変更した。

問題①
時刻がずれる。(9時間進んでしまう)
これは、元のスクリプトがローカル時刻で出力するにも関わらず、UTCであると宣言しているため。日本時間(UTC+9)を考慮するように変更。

問題②
MovableTypeで記事を作成したときのフォーマットによっては、改行が無駄に入ってしまう。
網羅していないフォーマット種別はあるが、分かる範囲で改行追加の有無を判断するようにした。

2020/06/20

VimでXMLの整形

VimでXMLの整形をするコマンド

:%s/></>\r</g | filetype indent on | setf xml | normal gg=G

2020/05/19

Movable TypeからBloggerへの移行

ふと思い立ち、Movable TypeからBloggerにデータを移行させてみた。

Google Codeにあったツールを使えば簡単に移行できるが、ハマったところがあったので、コードを少し改変した。
google-blog-converters-appengine
https://code.google.com/archive/p/google-blog-converters-appengine/