最新の投稿

HKU\.Defaultはデフォルトユーザのものではない。

HKU\.DEFAULT(HKEY_USERS\.DEFAULT)は、あちこちで間違った認識をされている。HKU\.DEFAULT(HKEY_USERS\.DEFAULT)は、デフォルトユーザとかテンプレートユーザと呼ばれるアカウント(=今後作成されるユーザアカウントの初期設定)...

2004/11/28

CD-R焼き on gentoo linux

Gentoo linux(Kernel 2.6.x)でCD-Rを焼く方法. 忘れないようにメモ.

うちのGentoo Boxには, ATAPIのCD-Rレコーダがついてる.
Kernel 2.4まで (2.5も含むのかは知らない)は, SCSIエミュレーション
(ide-scsiモジュール)を使って, ATAPIをSCSIとして認識させないとだめだった.
でも, 2.6からは, ide-scsiなしで, ATAPI CD-Rを焼くことができる.

ということで, 焼く手順.
% emerge cdrecord-prodvd
で, cdrecordやcdrtoolsをインストールする.

で, まずは, ISOイメージを作成
% mkisofs -v -R -N -d -T -f -V ボリューム名 -o イメージファイル 対象ディレクトリ
最後の対象ディレクトリは, ISOイメージのルートになる.
つまり, 対象ディレクトリ以下のファイルのみが, ISOイメージに入る.

つづいて, CDーRを焼く.
% cdrecord dev=ATAPI -scanbus
で, デバイスの突き刺さっているところを探す.

scsibus0:
        0,0,0 0) 'HL-DT-ST' 'RW/DVD GCC-4480B' '1.01' Removable CD-ROM
        0,1,0 1) *
        0,2,0 2) *

こんな感じで出るはず.

で, 今回は, "0,0,0"のバスを使って焼くので,
% cdrecord -v dev=ATAPI:0,0,0 speed=48 イメージファイル
なんて感じになる.
(おっと, cdrecorderは, Kernel 2.6では問題があるので, rootでやりましょう)
ちなみに, -dummyをつけて, ちゃんと動くか確認した方がいい.

0 件のコメント: