最新の投稿

HKU\.Defaultはデフォルトユーザのものではない。

HKU\.DEFAULT(HKEY_USERS\.DEFAULT)は、あちこちで間違った認識をされている。HKU\.DEFAULT(HKEY_USERS\.DEFAULT)は、デフォルトユーザとかテンプレートユーザと呼ばれるアカウント(=今後作成されるユーザアカウントの初期設定)...

2007/02/18

pppoeの設定

うちのGentooのemergeをしていたら, /etc/conf.d/netの書式が
古いと言われてしまった.
で, ちょろちょろ見ていると, PPPoEの設定の仕方が変わっているみたい.
以前は, rp-pppoeを使用して, /etc/ppp/pap-secretsにパスワードを
書き込みつつ, /etc/conf.d/netは
config_eth0=( "adsl" )
adsl_user_eth0="ユーザ名"
で, net.eth0をstartさせていた.

今は, rp-pppoeすら必要ない(?)
でもkernelのpppoeサポートはONにしておく必要有りだけど.
/etc/conf.d/netは以下
config_eth0=( "null" )
config_ppp0=( "ppp" )
link_ppp0="eth0"
plugins_ppp0=( "pppoe" )
username_ppp0='ユーザ名'
password_ppp0='パスワード'
pppd_ppp0=(
        "updetach"
        "defaultroute"
        "usepeerdns"
)

で, /etc/init.d/net.ppp0を作成し, net.ppp0をstartさせる.

このやり方でやると, フレッツスクエアも一緒に稼働させるのが楽になる.
以前は, いろいろと手の込んだことをやっていたけど... ppp1として
立ち上げる場合は, こんな設定をする.
routes_ppp1=(
  "220.210.194.0/25"
  "220.210.195.0/26"
  "220.210.195.64/26"
  "220.210.197.0/25"
  "220.210.199.0/27"
  "220.210.199.176/28"
  "220.210.199.32/27"
  "220.210.199.200/29"
  "220.210.199.64/28"
  "220.210.203.0/27"
  "220.210.199.208/29"
  "220.210.198.0/26"
)
config_ppp1=( "ppp" )
link_ppp1="eth0"
plugins_ppp1=( "pppoe" )
username_ppp1='guest@flets'
password_ppp1='guest'
pppd_ppp0=( "updetach")

BINDなどで, flets.へのDNSが引けるようにしておく必要有り.
name.confに加えるものは以下
zone "flets" IN {
  type forward;
  //allow-update-forwarding { 192.168.0.0/16; 127.0.0.1; };
  forward only;
  forwarders {
    220.210.194.67; // ns1.flets
    220.210.194.68; // ns2.flets
  };
};

0 件のコメント: