最新の投稿

HKU\.Defaultはデフォルトユーザのものではない。

HKU\.DEFAULT(HKEY_USERS\.DEFAULT)は、あちこちで間違った認識をされている。HKU\.DEFAULT(HKEY_USERS\.DEFAULT)は、デフォルトユーザとかテンプレートユーザと呼ばれるアカウント(=今後作成されるユーザアカウントの初期設定)...

2006/12/26

colinuxのNATが不安定

colinuxをネットワークに接続するために,
TAP-Win32ドライバ+NATで使用すると, 動作が不安定.

といっても, 通信は確実にできているんだけど,
外部サーバにcolinuxからポートスキャンを行うと, ターゲットサーバに
ポートが開いていないにもかかわらず, 一部のポートが開いている
ように見える.
(ホストOSのWindowsの起動後に, 一度, colinuxを立ち上げたら,
ホストOSのWindowsからも開いているように見える)

ポートスキャンでSYNを送ると, WindowsのNATが代理応答して
SYN+ACKを返してきているという症状は分かったけど, 細かい
原因は分からず.

Windows XPのブリッジ接続を使用して, 通信させようと思ったけど
よく分からなかったので, WinPCapを使用してのブリッジを行う.
colinuxの設定ファイルは
eth0=tuntap
から
eth0=pcap-bridge,local_connection
に変更. 上記のlocal_connectionのところは, Windowsの
"ネットワーク接続"フォルダに記載のある実NICの名称.
どうも, 日本語や, 途中にスペースがある名称はNGっぽい.

0 件のコメント: