最新の投稿

HKU\.Defaultはデフォルトユーザのものではない。

HKU\.DEFAULT(HKEY_USERS\.DEFAULT)は、あちこちで間違った認識をされている。HKU\.DEFAULT(HKEY_USERS\.DEFAULT)は、デフォルトユーザとかテンプレートユーザと呼ばれるアカウント(=今後作成されるユーザアカウントの初期設定)...

2008/12/01

Gentooのe2fsprogs-libs

このあたり(http://bugs.gentoo.org/show_bug.cgi?id=234907)で結構前から
話題になっているsys-fs/e2fsprogs(-libs)-1.41あたりが
sys-libs/ssやsys-libs/com_errとBlockingしている件について.

新しいportageがでるとかでないとかで, いつまで経っても出ないので,
待つのをやめて, 自分でアップデートしました.
とはいえ, 最終的には, うちの環境では特に何もやらなくても問題なかったような
気がします.

Odi's astoundingly incomplete notes (http://www.odi.ch/weblog/posting.php?posting=524)についていたコメントに従ってやりました.
$ quickpkg e2fsprogs com_err ss
$ emerge -BO e2fsprogs e2fsprogs-libs
$ emerge -C ss com_err
$ emerge -K e2fsprogs e2fsprogs-libs

Using -BO, emerge will build the new versions of e2fsprogs and e2fsprogs-libs without checking for and complaining about the blocks (This, however, only works if all other dependencies are up to date. You may have to emerge -pvuD e2fsprogs first and emerge -1 all dependencies other than the blocks.) and store the newly compiled files in a tbz2 in your $PKGDIR. Once ss and com_err are removed, you now only need a functioning tar and bz2 (and, of course, portage) to replace the missing libraries. And if portage were to break, untarring the package archives would be trivial.

まず
quickpkg e2fsprogs com_err ss
つぎに
emerge -BO e2fsprogs e2fsprogs-libs
unmergeするまえに念のために
emerge -uDNf world
その後,
emerge -C ss com_err
でも, 最後の
emerge -K e2fsprogs e2fsprogs-libs
はやらなくても,
emerge -uDN world
でいけました.
e2fsprogsがe2fsprogs-libsとブロック関係にあったので,
emerge -C e2fsprogs
はやりましたけど.

ちなみに, 作られたemerge -BOで作られたパッケージは
デフォルトでは, /usr/portage/packagesにあります.


0 件のコメント: