最新の投稿

HKU\.Defaultはデフォルトユーザのものではない。

HKU\.DEFAULT(HKEY_USERS\.DEFAULT)は、あちこちで間違った認識をされている。HKU\.DEFAULT(HKEY_USERS\.DEFAULT)は、デフォルトユーザとかテンプレートユーザと呼ばれるアカウント(=今後作成されるユーザアカウントの初期設定)...

2006/03/26

HDD交換

www.fukatani.orgを提供するホストのHDDのS.M.A.R.T.がread errorを
見つけたので, 交換することにした.
MAXTERの160GB (6L160R0)

旧HDDの内容を新HDDにコピーしてMBRにGrubをインストールすれば
簡単にできると思ったが, 引っかかった.

/procや, /dev, /sysは, 仮想的なファイルシステムとしてマウントされて
いるので, mkdirするのみでコピーしなかった.
が, /devの一部はコピーしておかなければいけなかったようだ.
新しいHDDのみで起動させようとすると, /パーティションが見つからない
ようで, リブートしてしまう.
initial consoleが見つからないというwarningが出ていたが, これはあまり
関係がなかったようだ.

解決策:
新しいHDDをスレーブ(hdb)に, 古いHDDをマスタ(hda)として接続し,
grubのrootオプションで, hdbの/パーティションを指定する.
それで起動させると, /devに問題があるとメッセージが表示された.
内容としては,
mkdir /mnt/fixit
mount --bind / /mnt/fixit
cp /dev /mnt/fixit
umount /mnt/fixit
rmdir /mnt/fixit
を実行しろというもの. (上記コマンドはうろ覚え...)

指示された一連のコマンドを実行すると, 新しいHDDのみで正常に
ブートできるようになった.

/devをちゃんとコピーするか, gentooのstageファイルから, /devだけ
コピーするべきだっただろう.

PS.
/パーティションが見つからず, リブートした場合と, 上記コマンドが出る
方法でブートした場合, /パーティションのファイルシステムが壊れたので
要注意.

0 件のコメント: