最新の投稿

HKU\.Defaultはデフォルトユーザのものではない。

HKU\.DEFAULT(HKEY_USERS\.DEFAULT)は、あちこちで間違った認識をされている。HKU\.DEFAULT(HKEY_USERS\.DEFAULT)は、デフォルトユーザとかテンプレートユーザと呼ばれるアカウント(=今後作成されるユーザアカウントの初期設定)...

2020/08/02

LVMでのRAID0

2本のディスクでLinuxを走らせているが、キャッシュ的なファイルを保存しているパーティション(mdadmを使ったRAID0で構築)を広げたくなった。
RAID1で構築しているパーティションが余っていたので、その領域を縮小させ、こちらのパーティションを拡張する。
RAID1の作業が終わったので、後はRAID0の再構築のみ。

何故か、以前作成したraid0は、mdadmで管理されたボリュームの中でlvmでraid0を作っていたが、多分勉強がてらに作ったのだろう。
今回は、LVMのみでraid0を作る。

物理ボリュームグループは存在しない。
root@edo ~ Sun 02 Aug 2020 03:14:46 PM JST JST(+0900)
# pvscan
  No matching physical volumes found

pvcreateコマンドで、ボリュームグループでLVM物理ボリュームとして使用するディスクにラベルを付ける。今回は、sda5とsdb5の2本で物理ボリュームグループを作成する。
pvsやpvscanでできたことを確認。
root@edo ~ Sun 02 Aug 2020 03:16:22 PM JST JST(+0900)
# pvcreate /dev/sda5 /dev/sdb5
WARNING: ext4 signature detected on /dev/sdb5 at offset 1080. Wipe it? [y/n]: y
  Wiping ext4 signature on /dev/sdb5.
  Physical volume "/dev/sda5" successfully created.
  Physical volume "/dev/sdb5" successfully created.

root@edo ~ Sun 02 Aug 2020 03:16:57 PM JST JST(+0900)
# pvs
  PV         VG Fmt  Attr PSize   PFree
  /dev/sda5     lvm2 ---  199.00g 199.00g
  /dev/sdb5     lvm2 ---  199.00g 199.00g

root@edo ~ Sun 02 Aug 2020 03:17:03 PM JST JST(+0900)
# pvscan
  PV /dev/sdb5                      lvm2 [199.00 GiB]
  PV /dev/sda5                      lvm2 [199.00 GiB]
  Total: 2 [398.00 GiB] / in use: 0 [0   ] / in no VG: 2 [398.00 GiB]


続いて、vgcreateコマンドでボリュームグループを作成する。
以下の例は、sda5とsdb5から成るedo_vgという名前のボリュームグルームを作成する。
その後、vgsやvgscanでできたことを確認する。
root@edo ~ Sun 02 Aug 2020 03:17:06 PM JST JST(+0900)
# vgcreate edo_vg /dev/sda5 /dev/sdb5
  Volume group "edo_vg" successfully created

root@edo ~ Sun 02 Aug 2020 03:18:20 PM JST JST(+0900)
# vgs
  VG     #PV #LV #SN Attr   VSize   VFree
  edo_vg   2   0   0 wz--n- 397.99g 397.99g

root@edo ~ Sun 02 Aug 2020 03:20:42 PM JST JST(+0900)
# vgscan
  Reading volume groups from cache.
  Found volume group "edo_vg" using metadata type lvm2


lvcreateコマンドを使って、作成したボリュームグループから、RAID0の論理ボリュームを作成する。
以下の例では、サイズが60GB(-L 60G)のraid0(--type raid0)ボリュームを、ストライプサイズを4KB(--stripesize 4)で、2本の物理ボリュームを使って(--stripes 2)、data2_lvという論理ボリューム名で(-n data2_lv)、ボリュームグループedo_vgに作成している。
後続のlsは、どこに作られたかを確認している。
root@edo ~ Sun 02 Aug 2020 03:44:22 PM JST JST(+0900)
# lvcreate --type raid0 -L 60G --stripes 2 --stripesize 4 -n data2_lv edo_vg
  Logical volume "data2_lv" created.

root@edo ~ Sun 02 Aug 2020 03:48:16 PM JST JST(+0900)
# ls /dev/edo_vg/data2_lv
/dev/edo_vg/data2_lv@

root@edo ~ Sun 02 Aug 2020 03:48:45 PM JST JST(+0900)
# ls -l /dev/edo_vg/data2_lv
lrwxrwxrwx 1 root root 7 Aug  2 15:48 /dev/edo_vg/data2_lv -> ../dm-2


作られた論理ボリュームに、ext4でファイルシステムを作成。
root@edo ~ Sun 02 Aug 2020 03:49:25 PM JST JST(+0900)
# mkfs.ext4 /dev/edo_vg/data2_lv
mke2fs 1.45.5 (07-Jan-2020)
Discarding device blocks: done
Creating filesystem with 15728640 4k blocks and 3932160 inodes
Filesystem UUID: 5bd21617-ded0-4ef4-8d7a-b386e7ceb516
Superblock backups stored on blocks:
        32768, 98304, 163840, 229376, 294912, 819200, 884736, 1605632, 2654208,
        4096000, 7962624, 11239424

Allocating group tables: done
Writing inode tables: done
Creating journal (65536 blocks): done
Writing superblocks and filesystem accounting information: done



最後に、作成した論理ボリュームをマウント
root@edo ~ Sun 02 Aug 2020 03:49:47 PM JST JST(+0900)
# mount /dev/edo_vg/data2_lv /data2

root@edo ~ Sun 02 Aug 2020 03:49:59 PM JST JST(+0900)
# df -h
Filesystem                   Size  Used Avail Use% Mounted on
udev                          10M     0   10M   0% /dev
/dev/md3                      32G   27G  3.2G  90% /
tmpfs                        766M  2.5M  763M   1% /run
cgroup_root                   10M     0   10M   0% /sys/fs/cgroup
shm                          3.8G     0  3.8G   0% /dev/shm
/dev/md4                     194G   72G  112G  39% /data
/dev/mapper/edo_vg-data2_lv   59G   53M   56G   1% /data2

参考にしたサイト

0 件のコメント: